Vol.11 LEATHER PANTS

年末も押し迫ってきていますが、21AWの展示会にむけていまだバタバタしております。

今週、来週1週間は悪足掻きます。

さて今回はAWになるとコレクションにも登場する"LEATHER PANTS"について書いていきたいと思います。

2012年AW、SEVESKIGスタートのコレクションでは、LEVI'Sの70'Sからのオマージュで制作した、HORSE HIDE ブッシュパンツ。

2013年AW、懲りずにHORSE HIDE ブッシュパンツ。

 

ここまではクラウド内もネットも写真が見つかりませんでした、、、

もちろん僕自身も毎年購入しているので、現物はあるのですが、服部屋の奥の方に仕舞い込んでしまっていてUP出来ません、、

2014AW、まさかのLEATHER PANTSお休みでした、、

2015AW、HORSE HIDE 5P PANTS

オイルを多く入れ素染で制作した初めての5Pタイプです。

オイルが入りすぎているので、極寒になると革が冷たくなり過ぎるのが玉に瑕なパンツでした。

STRETCH COW LEATHER 

革をストレッチさせる事は簡単なのですが、キックバックする様に下に貼る素材にかなり苦戦した思い出があります。

この時は保温性も考慮し、ハニカムに近いポリエステル素材を使用しました。

結果ぷっくりとした面白い表情のLEATHER PANTSが出来、満足できるものになりました。

2016AW、HORSE HIDE 5P

このシーズンまでは新喜皮革さんの馬革を多く使用していました。

この頃まだ国内に入ってくる原皮のクオリティーが良く、B,Cで見られる気持ちが悪いシボもありませんでした。

最近の(新喜さんではないです)馬革は入ってくる種類が悪いのか、個体が悪いのか、見た目にブクブクとしたシボが出ている革をよく見ます。

なので、次のシーズンから今日まで馬革を使っていません、、

16AWでは鹿革のレザーパンツもやっているのですが、写真が見当たりませんでした、、

2017AW、COW LEATHER MOTO PANTS

これが初のMOTOR CYCLE PANTSです。

後身の膝裏の切り替え部分を特殊な形状にして、膝が曲がりやすい様にパターン設計しています。

前身部分にはパワーネットを使用した蛇腹(Vol.3を参照ください)と、1cm高反発ウレタンを入れた本格的なビンテージ仕様になっています。

僕自身が、バイクや、ヘルメットなどにステッカーを貼るのが好きで、LEATHER PANTSにも貼れないかなと思い立ち、レザーにステッカーを転写したシリーズです。

他には銀付きスウェードの5Pタイプを制作しました。

このシルエットが好きで、今でも秋口くらいまでは良く履いています。

2018AW、GOAT PACHWORK 5P

パーツが細かすぎて、SAMPLE制作する際に工場が分からなくなるので、自分でボンディングしながらパッチワークした記憶があります。

ワッペンも全て横ブリ職人さんに振ってもらって制作しました。

STRETCH WILD DEER LEATHER PANTS

俗に言う鹿革のスカイバー(0.3mm)にストレッチ素材を貼った最高に伸びるLEATHER PANTSです。

これも秋口くらいまでしか履きません。

真冬になるとこの厚みだと寒すぎて震えてしまいます、、

2019AW、WILD DEER LEATHER MOTO PANTS

今の基盤にもなったWILD DEERのMOTO PANTSです。

透明感とフルベジならではのハリ感が特徴です。

何もお化粧していない革なので、経年変化も存分に楽しめる革に仕上がっていました。

このシーズンからパターンを若干修正し、足の開き分を多めに作っています。

ノンストレスでバイクや、自転車を跨げます。

 2020AW、HAND DYE COW LEATHER MOTO PANTS

牛革をクラストで縫製し、染工場さんのガンで染料を1着1着手吹きした、手間暇かかった1着です。

製品染にすると、水が通って革が硬くなり、その後にしっかりとオイルを入れていかないと割れの原因にもなりかねないので、この手法を使いました。

今シーズンは週2ペースで履いていますが、かなり完成形に近い形になってきたと自負しています。

クラストというとかなり硬いイメージがあるかと思いますが、2ヶ月ほどで自分の体の形に馴染みノンストレスで履けています。

STRETCH COW SUEDE PANTS

初のスウェードストレッチパンツです。

程良くタイトなシルエットと、裏地で使用している蓄熱保温の素材が特徴のLEATHER PANTSです。

メーカー名はかけませんが、この蓄熱保温の裏地は自分の体温を外に逃さない性質があるので、レザーとの相性がバッチリです。

しかもストレッチするので、表革の伸びにもしっかり付いてきます。

これもすごくお気に入りな一本です。

 

と、こんな感じでほぼ毎シーズン制作しているLEATHER PANTSです。

布帛のパンツや、スウェットパンツ、ジャージパンツ、色々な素材がありますが、個人的に履いた時に高まりを味わえるのはLEATHER PANTSだと思います。

初めて履いたGOODENOUGHのLEATHER PANTSの影響がかなりなるのかもしれません、、

普段歩いている時にはあまりやりませんが、バイクに乗る時などにセットアップでLEATHERを着ると高まります。

 

次回21AWでも新たなLEATHER PANTSを制作しています。

SAMPLEが上がってくるのは来月になると思いますが、今から楽しみでなりません。

上がったらBLOGでチラ見せしようと思います。

それと12月末に完成予定だった店舗ですが、少し押していてオープンは1月になりそうです。

そっちの方もまたBLOGで更新出来たらと思います。

それではまた。

NORI

 

 

Leave a comment